ここから本文です

創価大が今季初黒星…田中正義はブルペン投球も3連投はせず

デイリースポーツ 9/26(月) 19:51配信

 「東京新大学野球、東京国際大2-1創価大」(26日、岩槻川通公園野球場)

 ドラフトの目玉・田中正義投手(4年・創価)を擁する創価大は、延長十回タイブレークの末にサヨナラ負け。今季初黒星で1勝1敗1分けのタイとなり、勝ち点の行方は27日の4回戦に持ち越された。

 1年生右腕・小孫竜二投手(遊学館)が九回まで1点に抑える力投を見せたが、最後は1死満塁から始まるタイブレークで適時打を浴びて力尽きた。

 1回戦で先発、2回戦では救援と連投していた田中は、試合終盤に約20球のブルペン投球を行ったものの、出番はなし。「もう、明日です」と、先発が濃厚な4回戦に向けて気合を入れた。

 岸雅司監督は「『ウチがリードしていたら、有り得るかもしれないよ』とは言っていた」と、田中が3連投する可能性があったことを明かしたが、その時は訪れず。「小孫は素晴らしかった。(上級生に)いい刺激を与えてくれたのでは。明日は総力戦。こういう時は勝ちきらないと」と、ナインのさらなる奮起を期待した。

最終更新:9/26(月) 19:53

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]