ここから本文です

日本ハムがM1 27日にもV決定 陽岱鋼が先制弾、大谷も適時打

デイリースポーツ 9/26(月) 21:39配信

 「オリックス3-4日本ハム」(26日、京セラドーム大阪)

 日本ハムが勝ち、ソフトバンクがロッテにサヨナラ負けしたため、日本ハムの優勝マジックが1となった。27日の西武戦(西武プリンスドーム)に勝つか、ソフトバンクの試合結果次第で4年ぶりのリーグ優勝が決まる。

【写真】歓喜の日本ハムベンチ 優勝マジック「1」に

 日本ハムは五回先頭の陽岱鋼の中越え14号ソロで先制。六回には無死二塁から大谷の右前適時打、2死満塁から連続押し出し四球で加点した。

 先制弾の陽岱鋼は「負けられない試合が続いている。勝って良かった。優勝しか、見えてないので、一戦一戦しっかり戦いたい」とファンの声援に応えていた。

 オリックスは六回無死満塁からT-岡田が2点右前2点適時打を放つと、八回には1死二、三塁から内野ゴロの間に1点をかえし、1点差に迫ったがそこまで。日本ハムを上回る11安打を放ったが、あと一本が出なかった。

 日本ハムの先発、加藤は5回0/3を7安打2失点で7勝目(3敗)。九回を締めた宮西が2セーブ。

 日本ハムは27日に西武戦(西武プリンスドーム)、ソフトバンクはロッテ戦(QVCマリンフィールド)が控えている。

最終更新:9/26(月) 22:24

デイリースポーツ