ここから本文です

全米アルバム・チャート、ドレイクの『Views』が13週目の1位

BARKS 10/2(日) 11:21配信

今週の全米アルバム・チャートは、ドレイクの『Views』が先週の2位から再浮上し、8週間ぶりに1位に輝いた。これで非連続13週目のNo.1となった。13週もの間1位を獲得したアルバムは、2014年の映画『Frozen(アナと雪の女王)』のサウンドトラック以来だという。

◆『Views』画像

2位には、ラッパー、マック・ミラーの4枚目のスタジオ・アルバム『The Divine Feminine』が初登場。これで4枚全てのアルバムがトップ5に入ったことになる。3位は、映画『Suicide Squad』のサウンドトラックが先週と同じくキープした。

今週は、マック・ミラーのほか、ステインドのフロントマン、アーロン・ルイスの2枚目のソロ・アルバム『Sinner』が4位、アッシャーの4年ぶりの新作『Hard II Love』が5位、クリスチャン・バンドCasting Crownsの13枚目『The Very Next Thing』が9位にチャート・インしている。

Ako Suzuki

最終更新:10/2(日) 11:21

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]