ここから本文です

渡辺直美、“りんごアフロ”でインスタ記録更新狙う「48万超えたい」

オリコン 9/26(月) 13:50配信

 お笑いタレントの渡辺直美が26日、都内で行われた『青森りんごでべっぴん倍増計画』お披露目イベントに登場。多くのりんごをあしらった“巨大りんごアフロヘア”で登場すると「りんごの女神をイメージしてみました!」と声を弾ませた。

【動画】渡辺直美、アフロが巨大過ぎてお辞儀が変

 前回の同プロジェクトで披露した“りんご姫”の衣装写真をインスタグラムにアップしたところ、約26万件の「いいね!」を集め、2015年に日本での「いいね!」数の第1位を獲得。当時の反響を「あれからフォロワーさんが増えてきて、今は500万人です。海外の方にもたくさん『いいね!』をいただきました」と振り返り、「自分の最高が48万『いいね!』なので、それを超えたいと思います」と記録更新にも意欲を見せた。

 また、先日インスタグラムを始めた黒柳徹子については「やっぱり、写真で勝負なので色を明るめに出したらいいんじゃないかな」と“上から目線”でアドバイス。すぐさま「一度もお会いしたことないので…」と恐縮しながら「何を上げても興味があるし、すべてが貴重。早速フォローしたいと思います」と笑顔で語った。

 同プロジェクトは、健康や美容など幅広い効果効能で知られているりんごをアピールするため、一般社団法人青森県りんご対策協議会と吉本興業がタイアップして、2014年秋よりスタート。昨年に引き続き、渡辺がプロジェクト実行委員長に就任し、さまざまなプロモーションを展開していく。

 イベントにはそのほか、コロコロチキチキペッパーズ、ラフレクラン、青森県りんご対策協議会の加川雅人会長、ミスりんごの相馬澄佳さん、平沼日菜子さんも登場した。

最終更新:9/27(火) 9:25

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]