ここから本文です

【就活生】大学4年間でやっておかないと人生で後悔する8つのテーマ

投信1 9/26(月) 12:15配信

大学生活の4年はあっという間です。本当にあっという間です。一方、大学生になると自ら計画して自由に使える時間が増えますから、自分次第で有意義に過ごすことも、無為に過ごすこともできます。今回は、大学生の時に何をしておけばその後の人生の満足感が高まるかについてまとめてみました。

1.授業に出て専門知識を身につける

今まで受験勉強に明け暮れてせっかく入学したのに、また勉強しなければならないのか・・・と思うかもしれません。しかし、大学の4年間は専門知識を身につけるのに十分な時間です。

専門知識を深める場であるゼミは、概ね3、4年生が中心になると思います。ただ、その期間に就職活動が大きな比率を占めてしまうので、しっかり勉強する時間を確保しにくいのが現実です。その結果、エントリーシートにゼミの活動や研究内容を十分に踏み込んで記入できないということになりかねません。そのため、1、2年生の時にどれくらい専門知識を身につけられるかでその後の展開が変わってくるかもしれません。

とはいえ、入学していきなり専門知識と言われても困るという学生も多いでしょう。もし、将来は企業で働くという前提に立つのであれば、日経新聞などをきちんと読み込むことから始めてみてはどうでしょうか。

ただ、携帯料金などにお金がかかり、新聞の費用を捻出する余裕はないということもあるでしょう。そのような場合には、ネット証券に口座を開設するとお得に投資情報などのニュースを読むことができます。興味があれば、以下を参考にしてみてください。

>>日経新聞が無料で読み放題?  ネット証券のお得な活用法

2.資格を取る

4年もあれば、難関とされる資格に挑戦する時間も十分にあると言えるでしょう。弁護士、会計士、税理士など、専門知識を頭に叩き込む時間が必要な資格に挑戦するのには絶好の機会と言えます。社会人になって挑戦する方もいますが、勉強時間を捻出するのに苦労するものです。こうした分野を目指すのであれば、学生の時に挑戦するのも良いのではないでしょうか。

ただし、ご存知の方も多いと思いますが、資格を取ったから安定して高収入を得られるかといえば、そうでもなくなってきています。学生時代の青春をある程度犠牲にできるか、じっくり考えてから決めることをおすすめします。

1/3ページ

最終更新:9/26(月) 12:15

投信1