ここから本文です

【東京株式市場】日銀金融政策消化不良で日経平均も為替も動き乏しく次テーマ探し

投信1 9/26(月) 6:00配信

株式市場の振り返り-日銀の金融政策は消化不良、方向感乏しい展開に

2016年9月23日(金)の主要指標 カッコ内は前日終値比

 ・日経平均株価 16,754円(▲53円、▲0.3%) 反落
 ・TOPIX 1,349.5(▲3.1、▲0.2%) 4日ぶり反落
 ・東証マザーズ総合指数 944.8(+26.3、+2.9%) 大幅続伸
東証1部の出来高は19億6,332万株、売買代金は2兆2,327億円(概算)でした。21日に日銀が発表した新たな枠組みでの金融政策、及び、利上げ見送りを決めたFOMCの結果を受け、方向感が定まらずに様子見スタンスが強まりました。特に東京市場は、休場明けで熟慮する時間があったはずですが、それだけ日銀の意図が把握し難く、消化不良のままになったと言えます。ただ、売買代金は2兆円を維持しており、相場のエネルギーが急減した訳ではなさそうです。一方、東証マザーズの出来高は5,603万株、売買代金は701億円となりました。指数が大幅高となった割には、休場前並みの商いに止まった状況であり、資金流入の動きは見られませんでした。

自動車株と証券株が大幅安、小売株の一角には買いが優勢

個別銘柄では、円高進行を受けてトヨタ自動車 <7203> やマツダ <7261> などの自動車株が大幅下落となり、野村ホールディングス <8604> など証券株も大幅安となりました。また、休場前に急騰した三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> など銀行株が反落となり、村田製作所 <6981> やローム <6963> など電子部品株の一角も大幅安となっています。一方、しまむら <8227> 、ニトリホールディングス <9843> 、良品計画 <7453> などの小売株が大きく値を上げました。

また、新興市場では、そーせいグループ <4565> やCYBERDYNE <7779> など時価総額の大きい銘柄が総じて大幅高となり、医薬バイオ関連銘柄では、アキュセラ <4589> がストップ高になるなど大幅上昇が目立ちました。また、串カツ田中 <3547> も再び急騰し、串カツ人気が衰えていないことを示しています。

1/2ページ

最終更新:9/26(月) 6:00

投信1

チャート

トヨタ自動車7203
6686円、前日比-21円 - 12/2(金) 15:00

チャート

マツダ7261
1882.5円、前日比-8円 - 12/2(金) 15:00

チャート

野村ホールディングス8604
682円、前日比+31.5円 - 12/2(金) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。