ここから本文です

「ハマの番長」三浦大輔は、他のチームだったら200勝できたのか?

BuzzFeed Japan 9/26(月) 10:30配信

今シーズン限りでの引退を発表した、「ハマの番長」こと、DeNAベイスターズの三浦大輔投手。【BuzzFeed Japan / 伊藤大地】

【まとめ】今年も多くの選手が去る。引退選手、あの人やこんな人……

横浜一筋、24年の選手生活で、172勝183敗。惜しくも、名球会入りの条件である、通算200勝には手が届かなかった。

だが、野球における「勝ち星」は打線の援護や、バックの守備の影響を受けやすい。三浦が在籍した24年で、チームがAクラスになったのは日本一になった1998年を含む、わずか6シーズン。恵まれたチームにいたとは言えない。

もし他のチームにいたら、もっと勝てたのか。統計学的に野球を分析する手法に詳しく、「セイバーメトリクスレポート」を発行する株式会社DELTAの岡田友輔さんに、分析してもらった。

「もし、三浦が平均的な援護を受けていたら…」

この「もしも」は、数字で占える。周りの援護という条件を、他の投手と揃えて計算すればよい。

172勝183敗の三浦の勝率は4割8分5厘。岡田さんによれば、もし平均的なチームにいれば、この勝率は5割1分2厘に上がる。この計算は、シーズン・リーグごとに投手が受ける平均的な援護を個人の成績に加味する、いわば「公平な数字」だ。

5割1分2厘という数字を三浦の成績に当てはめると、182勝173敗。200勝には届かない。1980年以降に200勝を記録した選手と比べると、堀内恒夫より高いが、江夏豊の6割2分3厘、村田兆治の5割7分1厘という数字には遠く及ばない。

だが岡田さんは「江夏の6割越えはとんでもない数値だと言えます。5割行けば、一流といっていいでしょう。この数字からも三浦が好投手だったことは十分証明できます」と評価する。

では、三浦は200勝レベルの投手ではなかったのか。「そうではない」と岡田さんは言う。

平均的な選手に比べて、どれだけチームの勝ち星を増やしたか、という「WAR」という指標がある。この数字で見ると、三浦の記録は66.1。1980年以降に200勝を達成したピッチャー、例えば堀内恒夫の54.3、北別府学の64.2を上回る。勝利への貢献は、決して200勝投手に引けを取っていない。

同条件下で想定される勝率と、WAR。周囲の条件に左右されない2つの指標で堀内を上回る三浦。「三浦は堀内より上」。数字は、そう語っている。

1/2ページ

最終更新:9/26(月) 13:21

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。