ここから本文です

また蛇口被害で中学校水浸し /八千代

千葉日報オンライン 9/26(月) 13:42配信

 25日午前8時55分ごろ、千葉県八千代市萱田町の市立大和田中学校(升野嘉久校長、生徒915人)から「教室が水浸しになった」と八千代署に通報があった。4階教室内の水道の蛇口1カ所が開け放たれており、同教室や真下の3階教室が水浸しになっていた。同署は、何者かが入り込んで蛇口を故意に開けた建造物侵入事件として捜査している。

 今月5日には約1・5キロ離れた同市立村上中学校でも、蛇口が多数開け放たれて教室や廊下が水浸しになる被害が見つかったばかりで、関連も調べる。

 同署によると、大和田中の校舎は24日午後9時半ごろ施錠。その際は異常がなかったとみられ、25日午前7時ごろ、部活動の教材を4階に取りに来た教員が水の音で事態に気付いた。

 校舎は4階建て。蛇口が開けられた4階教室は1年生用。流し場からあふれ出た水が教室の床の大半を覆い、真下の3階教室や2階の一部にも天井などを伝って流れ込んでいた。校舎の出入り口や窓ガラスが壊された形跡はないという。

 同中学校によると、教職員や部活動の生徒らで水を拭き取り、26日からの授業に影響は出ない見通し。

最終更新:9/26(月) 13:42

千葉日報オンライン