ここから本文です

ロッテ唐川、6敗目もCS登板に前進 伊東監督も評価「良かったと思う」

Full-Count 9/26(月) 7:10配信

7回途中2失点で降板、本人も手応え「やることはわかっている」

 左脇腹を痛め2軍調整中だったロッテ唐川侑己投手がCS登板に前進した。25日のオリックス戦で左腕・山田と投げ合い、初回にいきなり中島に140キロの甘い速球を中前先制タイムリーとされた。

ロッテを牽引する選手は? チーム内投打成績一覧

 それでも、2回以降はカットボール、スライダーを決め球に追加点を許さず。5回に吉田正に左中間を破られ2点目を献上したが、7回に小島、若月を簡単に打ちとり、101球となったところで降板した。

 伊東監督は「球数で最初から決めていた。ボールは悪くなかったし、良かったと思う」と話し、故障の後遺症も見られなかった。8月18日の楽天戦以来の先発で、6敗目を喫しはしたが、唐川自身も「立ち上がりは納得いかない部分はあるが、2失点で6、7回投げられた。スライダー系はよかったし、あとは真っすぐ(の精度に対する修正)で、やることはわかっている」と振り返った。

 8日からのCSファーストステージは石川、涌井、スタンリッジの先発と見られるが、ファイナルステージに行けば当然、先発の駒は足りなくなり、唐川の存在がクローズアップされる。速球をどう磨いていくかが、大きなカギになってくる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/26(月) 7:10

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。