ここから本文です

合同製鉄、高強度異形棒 大臣認定追加取得へ 高付加価値ニーズ捕捉

日刊産業新聞 9/26(月) 11:51配信

 合同製鉄は2017年度をめどに、細径から極太径サイズまで高強度異形棒鋼の国土交通大臣認定を取得する計画だ。船橋製造所(千葉県船橋市)で製造する異形棒鋼はD16―D51で、JIS認定取得はSD295A、SD345、SD390、SD490。これまでSD590BとSD685Bの高強度異形棒鋼はD35とD38、D41で国土交通大臣認定を取得しているが、建物高層化に伴う高強度異形棒鋼のニーズが高まっており、これに対応するため、D19―D32、D51で追加取得を目指していく。

最終更新:9/26(月) 11:51

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。