ここから本文です

合同製鉄、高強度異形棒 大臣認定追加取得へ 高付加価値ニーズ捕捉

日刊産業新聞 2016/9/26(月) 11:51配信

 合同製鉄は2017年度をめどに、細径から極太径サイズまで高強度異形棒鋼の国土交通大臣認定を取得する計画だ。船橋製造所(千葉県船橋市)で製造する異形棒鋼はD16―D51で、JIS認定取得はSD295A、SD345、SD390、SD490。これまでSD590BとSD685Bの高強度異形棒鋼はD35とD38、D41で国土交通大臣認定を取得しているが、建物高層化に伴う高強度異形棒鋼のニーズが高まっており、これに対応するため、D19―D32、D51で追加取得を目指していく。

最終更新:2016/9/26(月) 11:51

日刊産業新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ