ここから本文です

これぞ“大迫力”なストライカー! ケルンの半端ないサムライが2試合連続スーパーゴール

theWORLD(ザ・ワールド) 9/26(月) 2:38配信

“絶好調”で次節は絶対王者と激突

25日に開催されたブンデスリーガ第5節でケルンに所属するFW大迫勇也が今季の2点目をマークした。

4試合を消化して2位と好調のケルンが、昇格組ながら6位に位置しているライプツィヒを迎えての一戦。今季は2節からスターティングメンバーに名を連ね、前節は豪快なミドルシュートでケルンの逆転勝利に貢献した大迫はライプツィヒとの一戦でも先発出場を果たす。

試合は開始から5分でアウェイのライプツィヒが先制点を奪うことに成功するが、ケルンも25分に日本人ストライカーによる見事な一撃が炸裂。25分、ケルンは左サイドからDFラウシュがペナルティエリア内にポジションを取っていた大迫にボールを供給すると、大迫は反転から相手選手2人を置き去りにし、ニアサイドを抜く強烈なシュートでネットを揺らした。

この大迫の得点により同点に追いついたケルンだが、最後まで逆転ゴールを奪うことはできず、1-1のままタイムアップ。大迫には72分に交代が告げられ、ホームスタジアムに駆け付けたケルンのサポーターからは大きな拍手が送られた。また、同試合の結果により3位に転落したケルンだが、次節は首位を走るバイエルン・ミュンヘンと敵地で対戦。日本が誇るストライカーの3試合連続ゴールに期待がかかる。

[メンバー]
ケルン:ホルン、ソーレンセン、マフライ、ハインツ、ラウシュ(→ムラデノヴィッチ 84)、リッセ、レーマン、ヘーガー、ツォラー、大迫勇也(→ルドニェフス 72)、モデスト(→ギラシ 85)

ライプツィヒ:グラーチ、シュミッツ(→ベルナルド 46)、オルバン、コンパー、ハルステンベルク、イルザンカー、ケイタ、ザビッツァー、バーク(→ヴェルナー 82)、カイザー、ゼルケ(→ポウルセン 67)

[スコア]
ケルン 1-1 ライプツィヒ

[得点者]
ケルン:大迫勇也(25)
ライプツィヒ:バーク(5)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/26(月) 2:38

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。