ここから本文です

台風17号 非常に強い勢力で沖縄へ接近のおそれ

ウェザーマップ 9/26(月) 4:57配信

 台風17号は、26日夜から27日にかけて非常に強い勢力で先島諸島に接近する。沖縄や奄美では高波や暴風、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、土砂災害に警戒が必要だ。

 大型で強い台風17号は、沖縄の南を時速約20キロで西北西へ進んでいる。台風はこのあとさらに発達しながら西よりに進み、非常に強い勢力で先島諸島に近づくおそれがある。

暴風・高波

 台風の接近に伴い、沖縄地方では26日夜遅くから暴風となり、海は猛烈なしけとなる。奄美地方でも次第に波が高くなり、大しけとなる見込みだ。
 27日にかけて予想される最大瞬間風速は、沖縄地方で35メートル、予想される波の高さは、沖縄地方で11メートル、奄美地方で6メートルとなっている。

大雨・雷・突風

 先島諸島では、台風の外側の活発な積乱雲がかかるため、27日にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。
 27日朝までの予想雨量は、沖縄地方の多い所で150ミリとなっていて、28日朝にかけてはさらに100ミリから200ミリ、雨量が増える見込みで、落雷や竜巻などの突風にも注意が必要だ。

最終更新:9/26(月) 5:06

ウェザーマップ