ここから本文です

プジョー、上級モデル「208 GT Line アイス エディション」を240台限定発売

オートックワン 9/26(月) 12:17配信

プジョー・シトロエン・ジャポンは、限定車「208 GT Line アイス エディション」を、9月26日より販売する。全国限定240台で、価格は259万円(消費税込)。

プジョー 208 GT Line アイス エディションの写真を見る

「208 GT Line アイス エディション」は、その名が示すとおり「氷」のような独特な塗装を施した上級モデル。アイテムをさらにグレードアップさせ、充実した装備が特長となる。

エクステリアには、赤いロゴが象徴的な専用フロントグリル、GT Lineバッジ、専用17インチアロイホイールなどをまとった。

インテリアにはTEPレザー&ファブリックのコンビネーションシート、革巻き小径ステアリングや7インチタッチスクリーンなどのi-Cockpit、さらにアクティブシティブレーキやバックソナーなどの安全装備も充実させた。

また、2年連続してインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞した最高出力110馬力のピュアテック 1.2L 3気筒ターボエンジンに、最新の6速オートマチックトランスミッションを組みあわせ、軽やかで力強いドライビングを楽しむことができる。

最終更新:9/26(月) 12:17

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。