ここから本文です

「灯台」「醤油蔵」をイメージ 銚子駅建て替えへ JR東日本

乗りものニュース 9/26(月) 11:06配信

内装の一部に千葉県産の木材を使用

 JR東日本 千葉支社は2016年9月23日(金)、総武本線の終点、銚子駅(千葉県銚子市)の駅舎を建て替えると発表しました。

どう変わる? 東京付近 私鉄大規模工事一覧

 新しい駅舎は木造地上2階建てで、延べ床面積は約704平方メートル。工事は今年10月に始まり、2017年度の冬に完了する予定です。コンセプトとして、「銚子の人々が生み出している『にぎわい』のイメージ」(JR東日本)をデザインに取り込むといい、若者から高齢者、観光客まですべての人が快適に利用できる駅にするとしています。

 外観は灯台を想起させるような白色に。内観は、醤油醸造業が銚子の主要産業のひとつであることから醤油蔵をイメージしたものとされ、仕上げの一部には千葉県産の山武杉が用いられます。

 JR東日本は「地域の特色を取り入れることで、千葉県を代表する観光地にふさわしい駅」にするとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/26(月) 12:39

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。