ここから本文です

姫路へお得に 播但道に乗り放題パス

両丹日日新聞 9/26(月) 15:01配信

 交流人口の拡大を図ろうと、兵庫県道路公社が播但連絡道路の乗り放題パスを発売している。住民の多い瀬戸内側から但馬側への観光誘客を主として想定したものだが、京都府福知山市から姫路方面へ出かける際にも、お得に利用できる。

 期間は10月末まで。播但道を何度乗り降りしても同じ料金となる「一日乗り放題観光パス」と「二日連続乗り放題観光パス」の2種類ある。
 
 一日パスは普通車1500円、軽自動車(自動2輪含む)1200円。和田山IC(インターチェンジ)から姫路バイパスとの姫路JCT(ジャンクション)までの料金は、普通車の場合平日は1440円。観光パスを使うと、ほぼ半額の計算になる。休日には30%のETC割引があり、更に和田山IC-姫路JCTは40%の「全線割引」が適用されて片道860円になるが、それでも往復だと観光パスの方が得になる。
 
 観光パスを利用するには、事前に「播但道」(兵庫県道路公社)のホームページで申し込みがいる。

両丹日日新聞社

最終更新:9/26(月) 15:01

両丹日日新聞