ここから本文です

8月の世界粗鋼生産、3カ月連続増

鉄鋼新聞 9/26(月) 6:00配信

 世界鉄鋼協会のまとめによると、8月の世界の粗鋼生産量(66カ国)は前年同月比1・9%増の1億3413万トンとなり、3カ月連続で前年同月実績を上回った。中国が3%増加したほか、インドも9%強増加、全体の生産量を押し上げた。

 1~8月の累計生産量は10億6514万トンで前年の同じ時期に比べ0・9%減。7月までの累計に比べ減少幅が縮小した。
 中国は前年同月比3・0%増の6857万トンで、5カ月連続の増加。1日当たり生産量は221万トンで、7月に比べ約3%増加した。1~8月累計は5億3632万トンで前年同期比で0・1%減。
 インドは同9・4%増の814万トン。今年3度目の800万トン台で、1~8月の累計は6321万トン(前年同期比5・6%増)と日本(6994万トン)に迫る勢いとなっている。
 中印が増加した一方で、米国、EU(欧州連合28カ国)は前年同月比でそれぞれ3・4%、1・4%減少した。ブラジル、ロシアも前年同月実績を下回った。ブラジルは14カ月連続のマイナス。

最終更新:9/26(月) 6:00

鉄鋼新聞