ここから本文です

ミラン、3位浮上を逃す フィオレンティーナのPK失敗などでなんとかドロー 本田出番なし

theWORLD(ザ・ワールド) 9/26(月) 5:46配信

3試合連続で無失点も、攻撃陣が鳴りを潜めたミラン

日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは25日、セリエA第6節でフィオレンティーナと対戦した。現在2連勝中のミランは、スタメンにカルロス・バッカやユライ・クツカ、ガブリエル・パレッタなど、前節ラツィオに勝利したメンバーと同じ11名を今節も起用。なお、本田はフィオレンティーナ戦もベンチスタートとなっている。

試合は、両チームが序盤から一進一退の攻防を見せるが、これといった決定機を作れずに、ただただ時間だけが過ぎていく。

しかし、23分にフィオレンティーナがPKを得る。セリエAでいまだPKを外したことのないヨシップ・イリチッチがキッカーを務めるが、ゴール右ポストに弾かれて先制点を挙げることができなかった。

前半最大のチャンスを生かせなかったフィオレンティーナペースで試合は進むものの、決めきることができない。一方のミランは、エムバイェ・ニアングなどが打開を試みるが、決定機を作らせてもらえず。スコアレスで試合を折り返した。

後半に入ってもフィオレンティーナペースは変わらない。しかし、ときおりミランもカウンターからチャンスを作る。

その後も守りの時間が多いミラン。ジャンルイジ・ドンナルンマの好セーブにも助けられる。すると、終了間際に相手のミスからカルロス・バッカやカウンターで途中出場のルイス・アドリアーノにチャンスが訪れたがゴールネットを揺らすことができずに試合終了のホイッスル。0-0のスコアレスドローで勝ち点1ずつを分けあった。なお、本田の出番はなかった。

[スターティングメンバー]
フィオレンティーナ:タタルシャヌ、トモビッチ、ロドリゲス(→ヴェッチーノ 59)、サルセド、バデリ(→テージョ 73)、サンチェス、ベルナルデスキ、ミリッチ、イリチッチ(→ 82)、バレロ、カリニッチ

ミラン:ドンナルンマ、カラブリア、パレッタ、ロマニョーリ、デ・シーリオ、クツカ、モントリーボ、ボナヴェントゥーラ(→アントネッリ 79)、スソ、バッカ(→L・アドリアーノ 88)、ニアング(→ロカテッリ 77)

[スコア]
フィオレンティーナ 0-0 ミラン


http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/26(月) 5:55

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています