ここから本文です

BMW、2020年に燃料電池車(FCV)市場投入へ ~トヨタ協業によるFCスタック搭載~

オートックワン 9/26(月) 19:50配信

G7会合の話題は「自動運転」だけじゃない!

2016年9月24日から25日にかけて長野県軽井沢町で開催された「G7」先進7カ国交通相会合では、クルマ等の先進技術開発や普及に向け、各国が相互協力していく旨の共同宣言がなされた。今回最も多く聞かれたキーワードは、昨今多くのニュースや新聞紙面を騒がす話題の「自動運転」技術だったが、この他にも多くの技術について議論がなされた。

[画像で見る]BMW ゼロエミッションへの取り組み

会場では日本の主要自動車メーカーも最新のテスト車両などを持ち込み、その高い技術力を各国にアピールしていたが、いっぽうでビーエムダブリューも、同社が開発・テストを進める燃料電池車(FCV)の紹介を実施している。

翌26日月曜日、G7にあわせ来日したドイツ・BMW本社のエンジニアが東京にも訪問。同社の燃料電池車への取り組みについて、報道陣に対しプレゼンテーションを行った。

COP21「パリ協定」実現に向け動き出した環境大国「ドイツ」

2015年、パリで行われたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された「パリ協定」は、進行する地球温暖化を止め「世界の平均気温上昇を2度未満に抑える」ための歴史的な一歩となった。

ヒトが生み出す「温室効果ガス」の排出量を将来的に実質ゼロとすべく、環境先進国ドイツは真っ先に立ち上がった。ドイツ政府は2016年6月「機構保護計画2050」を発表。その中で運輸業界は、2050年までに化石燃料の依存からの脱却を目指す、とした。

BMWグループ リサーチ 新技術研究本部 マティアス・クリーツ パワートレイン研究部門執行役員は、ドイツの機構保護計画2050を受け、BMWのゼロエミッション(いわゆる「無公害車)モビリティ戦略について、「近距離移動はEV(電気自動車)、長距離移動はFCV(燃料電池車)」のそれぞれで実現させるとした。またEVとFCVは共存させることが可能だとも話す。

既に日本においても「i3」でEVの市販化は行っているが、FCVについても2020年実用化に向け、現在積雪地から極寒の地まで世界の様々な環境下でのテストを実施している。

1/2ページ

最終更新:9/26(月) 19:50

オートックワン