ここから本文です

小悪魔ちゃん探していた、杏子 相性抜群のリンダと絡む恋のイカサマ/インタビュー

MusicVoice 9/26(月) 11:30配信

 歌手の杏子が9月28日に、両A面シングル「イカサマ美男子 feat.リンダ/Magenta Butterfly」をリリースする。杏子と言えば、ソロで魅せる妖艶さ漂うハスキーな歌声と、デュエットでは相手役の魅力を最大限に惹き出しながらも、その周りを優雅に飛ぶ蝶のように誘惑めいた歌声が特長だ。そして、今回の新曲「イカサマ美男子feat.リンダ」では後者が引き立つツインボーカルを採用した。その相手役に、3ピースロックバンドのN’夙川BOYS(現在活動休止中)のリンダを選んだ。リンダ招聘のきっかけは、杏子がふと手にした雑誌に載っていたリンダの“目力”に惹かれたから。それからトントン拍子に話が進み、作詞作曲を、BARBEE BOYSの盟友・いまみちともたか(イマサ)に依頼、ひと夏のアバンチュールを描いた。そのイマサは、2人のレコーディングをみて「まるで双子のようにタイミングが似ていた」と驚いたという。相性抜群の2人が織りなす恋の慕情。互いの印象などについて杏子とリンダに話を聞いた。

男の人に不穏な動きがあったらシャットアウト

――8月10日におこなわれた、下北沢GARDENでのライブ『いまみち杏子のお・も・て・な・し夏のヒ・ト・サ・ラ・イ【仮】』では、杏子さんの誕生日を祝おうと、ヒトサライや藤井隆さん、OKAMOTO’Sのオカモトコウキさん、そして、リンダさんに、BARBEE BOYSのエンリケさんとKOISOさんもサプライズで登場するなど豪華でした。杏子さんからみた感触はいかがでしたか。

杏子 色んなゲストをお呼びしての“おもてなし”と言ったものの、ヒトサライとの対バン形式になりつつ、最後にリンダが出てきて、ちょっとパンチを効かせようと思ったので、企み的には上手くいったなと思っています。

――ライブの企画はいつ頃から始まっていたのでしょうか?

杏子 去年のイマサ(いまみちともたか)のバースデー前日に、下北沢GARDENでライブがあって、その時は私がサプライズの仕込みをしたので、イマサが「じゃあ、お返しに」という話になって私のバースデーの8月10日にライブが決まったんです。その割には、意外と何も決まらずに「大丈夫なのか?」みたいな感じだったんだけど、こっちはこっちで進めていって、リンダを巻き込んでみたいな感じでした。リンダに出演を快諾してもらって、「そのイベントの時に2人で歌える新曲をイマサに作ってもらえたらいいな」という事になったんです。

杏子 そっちはそっちで進行していって、私はUNDER NORTH CLUB BANDという自分が最近プライベートでやっているバンドに、藤井隆君をゲストに呼ぼうという事になり、あとはそれぞれのバンドに関してはお任せにしてあったんです。

――エンリケさんやKOISOさんといったあれだけの面子を揃えるというのは凄く大変なのではないかと思いました。

杏子 ですよね。よくぞ皆さんスケジュールを合わせて頂いて…。

――「イカサマ美男子feat.リンダ」は今回のライブで初披露でしたね。ステージからみた観客の反応はいかがでしたか?

杏子 やっぱり生でやることで、更に歌詞が生きてきたなと思いました。レコーディングはレコーディングでもちろん面白さはあったけど、実際にお客さんに向かって歌っているリンダを見て「私の方が先」と自分の方もどんどんエンジンがかかって、上がってくる感じでした。

――歌詞も男性に対して攻めの姿勢ですよね。

リンダ 2人で1人の男に対して争っているけど、結局、男に対してはすごく否定的な感じがしているなとは思っているんです。

――歌詞はご自身の経験に基づくリアルな部分もあるのでしょうか?

杏子 相手の男の人に不穏な動きがあったら、私は一切話し合わなくてシャットアウトするので、その後その人がどうなっているのか、相手の人とどうなっているのか、一切話さないですね(笑)。だけど、友達が恋人をリサーチしている状況はよく見ます。探偵会社を使ったり。でも、その当事者の女の子同士が結局連絡を取り合って仲良くなって、男性を泳がだから気を付けた方がいいよ、男子という。そこに変な友情が入ったりとか。私は一切そういう状況にはしないですね。怪しいと思ったら何の連絡も取らない。「それが駄目なのよ!」とよく言われますけど。

――駄目なんですか?

杏子 「杏ちゃんもっと話し合ったら?」とか言われます。たぶん、そこで取り乱す自分が嫌なんじゃないかと思います。そういう自分は見たくないという(笑)。

――リンダさんはそういう状況下になったことは?

リンダ 経験はないですけど、職場とか近しい所ではそういう恋の話を聞いたりしましたね。


――意外と周りではあるんでしょうか?

リンダ 実は水面下で、ありますよね。

1/4ページ

最終更新:9/26(月) 11:30

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]