ここから本文です

銀座の新しいアイコンに!ソニーと日産がブランド発信拠点

ニュースイッチ 9/26(月) 9:46配信

複合ビル「GINZA PLACE」にショールームを開設

 ソニーと日産自動車が、東京・銀座の複合ビル「GINZA PLACE」にショールームを開設した。最新商品や先端技術を搭載した製品の展示や、体験コーナーなどを設けてブランド発信拠点として活用する。

 ソニーはミラーレス一眼カメラや100型の4Kテレビ、ハイレゾ対応機器の展示に加え、「プレイステーションVR」の体験コーナーなどを設けた。ソニーストア銀座も併設する。ソニーマーケティングの河野弘社長は「最も大切にする顧客との接点の場でトータルの魅力を発信し、ブランドに愛着を持ってもらいたい」とした。

 日産は自動運転技術「プロパイロット」を搭載した新型ミニバン「セレナ」やコンセプトカーなど、最先端技術を搭載した車両を展示。日産の歴史や車の未来を大型スクリーンで情報発信する。星野朝子専務執行役員は「電動化など日産の高い技術力を発信する拠点。国内販売のテコ入れにもつながる」と期待を寄せた。

最終更新:9/26(月) 9:46

ニュースイッチ