ここから本文です

土居美咲が相手途中棄権で4大会ぶりのマッチ勝利 [武漢/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/26(月) 16:34配信

「武漢オープン」(中国・武漢/9月25日~10月1日/賞金総額258万9000ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、土居美咲(ミキハウス)が第8シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と対戦。土居から6-7(3) 6-4 3-1の時点でパブリウチェンコワが棄権したため、土居の勝利が決まった。試合時間は2時間11分。

大事な場面での高速サービスで大坂が土居に勝利 [東レPPO]

 今大会には初出場となる土居。全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)から3大会連続で初戦敗退を喫していたが、8月のシンシナティ(WTAプレミア5/ハードコート)以来となるマッチ勝利となった。パブリウチェンコワとは今回が初対戦だった。

 土居は2回戦でバーボラ・ストリコバ(チェコ)とサラ・エラーニ(イタリア)の勝者と対戦する。

 武漢オープンはWTAツアーで年間5大会開催されるプレミア5のカテゴリーの第5戦目。プレミア・マンダトリーに次ぐ格付けの大会で、シングルス56、ダブルス28ドローで争われる。

     ◇   ◇   ◇

【上位出場選手シード順位(シングルス)】

アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[1]
ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[2]
アグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)[3]
シモナ・ハレプ(ルーマニア)[4]
カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[5]
ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[6]
カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)[7]
マディソン・キーズ(アメリカ)[8]

※[ ]数字はシード順位

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:WUHAN, CHINA - SEPTEMBER 26: Misaki Doi of Japan returns a shot during the match against Anastasia Pavlyuchenkova of Russia on Day 2 of 2016 Dongfeng Motor Wuhan Open at Optics Valley International Tennis Center on September 26, 2016 in Wuhan, China.(Photo by Wang He/Getty Images)

最終更新:9/27(火) 17:24

THE TENNIS DAILY