ここから本文です

M3で優勝へ前進! 大谷翔平の活躍を引き出した先輩たちのアシスト

Full-Count 9/26(月) 11:10配信

初対戦ミコライオの初球を同点打「西川さんから特徴を教えてもらった」

 日本ハムの大谷翔平投手が26日の楽天戦(札幌ドーム)で同点タイムリー&サヨナラのホームを踏む大活躍。チームの優勝マジックを「3」に減らした。

タイトル争いの行方は…NPB各部門の個人成績一覧

「3番・DH」でスタメン出場。同点タイムリーは1点差の8回2死三塁に生まれた。金刃から代わったばかりのミコライオの初球ツーシームをバットの先に乗せて中前へ。打った瞬間に右手にガッツポーズを作る手応え十分の一打だった。

 ミコライオとは今季初対戦だった。2012-14年まで広島に所属し、日本では通算5年間で11勝11敗73セーブ、50ホールドの実績を誇る剛腕。大谷が放った同点打の裏には、1番打者からのアドバイスがあった。

「西川さんに特徴を教えてもらって、初球からどんどん行こうと思いました。基本的な球の質、軌道を聞いてました。変化量とか質とか。基本的にはきれいな真っすぐは投げてこない。配球は自分で考えてた」

 西川はこの日で記録がストップしたものの、前日まで45試合出塁をマーク。23日の同カードでは8回1死で対戦し、一塁内野安打を放っていた。「僕は(金刃から)代わると思ってなかった。そこは想定外でしたけど、しっかり結果が出て良かった」。絶好調男の助言を受けたとはいえ、一発で結果を出すところにも二刀流の凄みを感じさせる。

延長10回にサヨナラ生還「(田中賢の進塁打で)三塁に進めたのが一番大きい」

 鉄腕からの刺激もあったようだ。前日に右足首を痛めた宮西が延長10回からリリーフ。表情をゆがめて患部を気にする素振りを見せながらも、3者凡退に抑えた。

「肘が痛い時もそうですし、その中で結果を残すのはさすがだなと思っていた。それでも、抑えてくれると思っていますし、そこで結果を出すのはしっかりした準備があったからこそ。さすがだなと思います」

 1-1で迎えた延長11回、先頭で福山から中越え二塁打で出塁。田中賢の遊ゴロで三塁へ進み、福山の暴投でサヨナラのホームを踏んだ。

「三塁に進めたのが一番大きい。賢介さんも安打を狙いながら、なおかつランナーを進めてくれたので、相手にもプレッシャーがかかる。低めへ投げづらかったと思う。結果につながってくれて良かった」

 26日のオリックス戦(京セラドーム大阪)での出場は未定だが、最短で27日にリーグ優勝が決まる。

「出来る限り早く決めたい。1試合1試合に勝つことが大事。それで向こう(ソフトバンク)にプレッシャーがかかる。自分たちの試合をやって、それが勝ちにつながればいい」

 レギュラーシーズン残り4試合。今後も圧倒的なパフォーマンスを期待したい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/26(月) 11:32

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革