ここから本文です

圏央道の売店に強盗 裏口から侵入、金庫の31万円奪い逃走/狭山

埼玉新聞 9/26(月) 22:51配信

 25日午後11時半ごろ、埼玉県狭山市笹井の圏央道狭山パーキングエリアの売店裏口から男が侵入し、閉店した店内の事務所で後片付けをしていた男性従業員(41)に包丁のような刃物を突き付け「金を出せ」と脅した。男は金庫にあった現金31万円を奪うと、男性の両手足を粘着テープで縛り、裏口から逃げた。男性にけがはなかった。

 狭山署によると、男性は粘着テープを自力で外し、午後11時35分ごろに110番した。同店は午後9時に閉店し、店内は男性だけだった。裏口は一般道から立ち入り可能で、当時は無施錠だった。男は50~60代で身長約165センチ。ニット帽で顔を隠し、銀色のジャンパーを着用していた。同署で強盗事件として調べている。

最終更新:9/26(月) 22:51

埼玉新聞