ここから本文です

DeNA初CS進出のキーマン 快進撃を支えたのは新人捕手と5年目外野手!?

Full-Count 9/26(月) 17:12配信

初CS決定で2位浮上も視野、「去年までとの一番の違い」とは?

 DeNAが今季、球団史上初のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。23、24日には2位巨人に2連勝を飾り、2試合を残して1.5ゲーム差。巨人は5試合を残しており、DeNAには2位浮上の可能性も残されている。

タイトル争いの行方は…NPB各部門の個人成績一覧

 昨季は首位で前半戦を終えながら、最下位で終戦。アレックス・ラミレス新監督に率いられた今季、チームは何が変わったのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は、攻守両面でキーマンとなった選手がいると指摘する。

 野口氏が最大の要因に挙げたのは「バッテリー」だ。「戸柱でしょう。キャッチャーが固定できた上に、本当にルーキーらしからぬ安定感を見せてくれた。去年までとの一番の違いは、間違いなくここです」。ドラフト4位ルーキーの戸柱恭孝捕手は今季ここまで123試合に出場。捕手を固定できないというチームの長年の悩みを解決した。

 開幕前には、ベンチから首脳陣が1球1球のサインを出すというニュースが話題となった。だが、実は戸柱は早々に“独り立ち”していたという。野口氏は「出してないと言ってましたね。4月末くらいの時点で、(バッテリコーチの)光山(英和)さんが『出してないよ。オープン戦の時は確かに出した時もあったけど』と言っていました」と明かす。戸柱はルーキーながら投手陣をしっかりリードしていたということになる。

「8月下旬くらいに、ちょっとリードに偏りを見せるようになってきた時もありました。やられたら止まらない状態だった。『インコース』とピッチャーとの話の中で決まったのかもしれないけど『それにしてもちょっと行き過ぎだろう』というくらい偏っていたことがあったんです。でも、その後はうまく散りばめてやっています。そうやって、どんどん勉強していけばいいんです。それでダメだと突っぱねるんじゃなくて、そういうことも、自分の血となり肉となり、とやっていけばいいんです」

1/3ページ

最終更新:9/26(月) 17:25

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]