ここから本文です

ゴールハンター・ベンゼマ、対戦した全チームから得点を奪取 最も標的となったのは……

theWORLD(ザ・ワールド) 9/26(月) 16:17配信

リーガ1部、30チームからゴール

レアル・マドリードに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマは、24日に行われたリーガ・エスパニョーラ第6節ラス・パルマス戦で1得点を記録した。

チームはその後失点し、2-2の引き分けに持ち込まれるも、ベンゼマはこの試合である記録を達成したとスペイン『as』が伝えている。フランス代表のストライカーは、リーガ・エスパニョーラ1部で30チームと対戦しており、ラス・パルマス戦のゴールで対戦したすべてのチームから得点をあげたことになるという。

最もベンゼマの犠牲になったのはグラナダで、フランス代表の点取り屋は9得点をマーク。次いでヘタフェとラージョが7ゴールを奪われている。現在のリーガ1部でゴールを奪われていないのは、まだ対戦していない昇格組のアラベスとレガネスを残すのみとなっている。ベンゼマは今シーズン、さらに記録を伸ばすことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/26(月) 16:17

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報