ここから本文です

M3の日ハム、栗山監督の抗議実る 相手の本塁セーフ判定がビデオ検証でアウトに

Full-Count 9/26(月) 20:32配信

一旦はセーフ判定も、栗山監督がリプレー検証要求

 日本ハムの栗山英樹監督が26日のオリックス戦(京セラドーム)で抗議を実らせた。

 2点リードの6回無死満塁。鍵谷が西野の平凡な投ゴロをファンブル。急いで本塁送球したが、三塁側へそれた。それでも、大野が左手を伸ばして好捕。そのまま三塁走者・吉田をタッチした。

 一旦は三塁走者・吉田のスライディングが早かったとして本塁生還が認められたが、三塁ベンチから栗山監督が登場。審判団に本塁クロスプレーのリプレー検証を要求した。

 ビデオ検証後、セーフからアウトに判定が覆った。息を吹き返した鍵谷は1死満塁の大ピンチで代打・伊藤を見逃し三振に。代打・小島も空振り三振に仕留め、リードを守った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/26(月) 20:32

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革