ここから本文です

ミランにバロテッリ活かせなかった後悔はあるか ガッリアーニ「成熟した人間になってきている」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/26(月) 18:03配信

イタリア人が進む

昨季リヴァプールからミランにレンタル移籍していたFWマリオ・バロテッリは、あまりインパクトを残すことができずシーズン終了後にリヴァプールへと戻された。この時は当然の判断に思われたが、今夏に移籍したニースで得点を重ねている姿を見ると少しばかり複雑だ。

伊『Calciomercato』によると、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOもバロテッリの活躍を喜んでいる。同氏は最近もバロテッリと食事をしたようで、成熟した大人になったと感じたとコメントした。

「私はバロテッリの活躍を喜んでいるよ。彼の決意や集中力を見ているね。最近もディナーをしたし、私は彼が成熟した人間になってきていると思う」

また、同氏は現在のミランについて「久しぶりに我々は継続性あるフォーメーションで戦っているし、若くて優秀なイタリア人選手がチームに入っているね」ともコメントしている。今節のフィオレンティーナ戦でも右サイドバックで19歳のダヴィデ・カラブリアが先発するなど、若いイタリア人選手が増えているのも今のミランの特徴だ。

バロテッリは26歳と若手には分類されないが、バロテッリがミランでもニースと同様のパフォーマンスを見せていればイタリア人化の象徴の1人となったことだろう。近年のミランはイタリア人化を目指してきたが、昨季上手くバロテッリを活かせなかったのは少々悔やまれるところかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/26(月) 18:03

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。