ここから本文です

02年中日ドラ1、ヤクルト森岡が32歳で決断…26日発表の引退

Full-Count 9/26(月) 23:42配信

ヤクルトでは14年から選手会長

 26日、ヤクルトが森岡良介内野手の今季限りでの現役引退を発表した。

 森岡は2002年のドラフト1位で明徳義塾高から中日に入団。1年目の03年から1軍の試合に出場したが、08年シーズン終了後に戦力外となった。12球団合同トライアウトを受け、ヤクルトと契約。12年から3年連続100試合以上に出場し、14年から2年間、選手会長を務めた。ヤクルトは15年にリーグ優勝を果たしている。

各球団発表、2016年ここまでの引退選手一覧

 プロ通算では556試合に出場。打率.241、7本塁打、97打点。今季は25試合出場で30打数2安打の打率.067にとどまっており、32歳でユニホームを脱ぐ決断をした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/26(月) 23:42

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]