ここから本文です

こきりこ総踊り 心行くまで 南砺市平・祭り最終日

北日本新聞 9/26(月) 21:53配信

■総踊りに観客も輪

 こきりこ祭りは最終日の26日、南砺市上梨(平)のこきりこ館で舞台競演会に続き、こきりこ総踊りが行われた。大勢の観客も五箇山民謡「こきりこ」の調べに身を任せ、心行くまで踊った。

 天候不順のため屋外から会場を変更した舞台競演会には地元の越中五箇山こきりこ唄保存会、越中五箇山民謡保存会、富山市の越中八尾おわら保存会、岐阜県の白川郷荻町民謡保存会が出演し、伝承してきた民謡と踊りを繰り広げた。総踊りが始まると大勢の観客が加わり、踊りの輪を広げた。こきりこ唄保存会の歌と演奏に合わせ、「デデレコデン」の囃子(はやし)を口ずさむなどしてささら踊りや手踊りに興じた。

 白山宮の秋祭りのこの日は舞台競演会の前に奉納こきりこ踊りがあった。

北日本新聞社

最終更新:9/26(月) 21:53

北日本新聞