ここから本文です

トッティ、セリエA通算250ゴール到達! 30代ラストマッチのPK弾で達成

SOCCER KING 9/26(月) 16:39配信

 25日に行われたセリエA第6節で、ローマはアウェーでトリノと対戦。1-3と敗れ、今シーズン2敗目を喫した。

 痛恨の敗戦を喫したローマだが、トリノ戦では記念すべきゴールが生まれた。0-2で迎えた55分、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティがPKを沈め、自身の今シーズン2ゴール目を記録。同選手にとって、セリエA通算250ゴール目となった。

 トッティはセリエA歴代得点ランキング2位で、トップには元イタリア代表FWのシルヴィオ・ピオラ氏(1996年に死去)が君臨。同氏は通算274ゴールを記録している。

 イタリアメディア『FOOTBALL ITALIA』はトッティとピオラ氏の記録を伝えたうえで「残り時間は十分ではない」と記した。今シーズン限りでの現役引退が有力視されているトッティが歴代単独首位に立つためには、残り32試合で25ゴールが必要。ハイペースでの得点量産が必要となり、「不可能な仕事だろう」と綴られている。

 今月27日に40歳を迎える前、30代最後の試合で節目の250ゴールに到達したトッティ。今後、得点記録をどこまで伸ばすだろうか。ローマは次戦、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節でアストラをホームに迎え、10月2日にはセリエA第7節でインテルと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9/26(月) 18:26

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合