ここから本文です

[AFC U-16選手権]「ほぼパーフェクト」。完封&決勝点のDF瀬古歩夢は世界を見据える

ゲキサカ 9/26(月) 7:39配信

[9.25 AFC U-16選手権準々決勝 日本1-0UAE]

 9月25日(現地時間)、AFC U-16選手権準々決勝UAE戦は「1点勝負になる」という森山佳郎監督の事前の予想どおり、最後まで勝負の行方に確信が持てない厳しいゲームとなった。爆発的な得点力をもってその名をアジアに轟かせてきたU-16日本代表だが、この試合は攻撃陣が最後までゴールネットを揺らすことができず。難しい状況で試合が進んでいくなかで、守備の要、DF瀬古歩夢(C大阪U-18)が輝いた。

 こう着していた試合が動き出したのは31分だった。久保建英(FC東京U-18)の蹴った右CKは「捕られたと思った」(久保)という弾道だったが、UAEのGKアルハレスがファンブル。ここに抜け目なく詰めていた瀬古が押し込み、最初のゴールにして決勝点が生まれた。「昨日のミーティングでも(GKが)こぼすことが多いという情報はあった」(瀬古)というスカウティングを受けて狙っていたシュート。昨年のアジア1次予選でもファーストゴールを決めている男が、大事な勝負の試合で先制点を奪い取った。

 ところが、この後が続かない。決定機を逃す流れの中で徐々にUAEのペースになり、特に後半に入ってからは大きく試合の雰囲気も変わっていった。

「すごくタフな流れでしたけれど、とにかく後ろはゼロで抑えようと言い合っていた」(瀬古)。

 相手のロングボールには率先して競り合って跳ね返し、サイドへのカバーリングもこなした。CBの相方・菅原由勢(名古屋U18)と連係を取りながら、下がり過ぎないライン設定も意識して、最後までゴールを割らせず。森山佳郎監督も「あの二人(瀬古と菅原)、本当に素晴らしかった。ほぼパーフェクト。2トップに加えて両サイドも単体で“やれる”選手。特に14番(ファウジ)のスピードを活かしてくる部分は(警戒していたが)ほぼ何もさせなかった」と手放しで大絶賛。劣勢に傾きかけた天秤を支え続けた二人のCBを大いに称えた。

 終了のホイッスルが鳴り響いたときは、「最初は実感が湧かなかったけれど、喜び合ううちに1年半かけて、ここまで来たことを思い出した」(瀬古)という。だが、感慨にふけるのはここまでだという気持ちも同時にある。「あと2試合でアジア王者になって、U-17ワールドカップでは日本の強さを見せ付けないといけない」と言い切った。00ジャパン守備のリーダーは、早くも世界舞台を見据えていた。

(取材・文 川端暁彦)

最終更新:9/26(月) 7:39

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。