ここから本文です

コンドグビアは“懲罰交代”、インテル指揮官「最初の20分で勝ち点2を失った」

ゲキサカ 9/26(月) 10:02配信

[9.25 セリエA第6節 インテル1-1ボローニャ]

 セリエAは25日、第6節を行った。インテルはホームでボローニャと対戦し、1-1の引き分け。連勝は2でストップした。

 試合後、インテルのフランク・デ・ブール監督は「きょうのプレーには満足しているが、試合をもっとコントロールしているところを見たい」と要求した。クラブ公式サイトが伝えている。

 前半14分にカウンターから先制点を奪われたインテルは、前半34分にFWアントニオ・カンドレーバの右クロスからFWイバン・ペリシッチの右足ダイレクトでのシュートが決まり、追いついた。しかし互いに2点目は生まれず。勝ち点1を分け合った。

 指揮官は「我々は勝ち点2を最初の20分で失った。その後はパフォーマンスも良くなり、数回ゴールチャンスも作れた」と振り返る。

 また、この日の試合では失点に絡んだMFジョフレイ・コンドグビアを前半28分に早くも交代される場面があった。

 これについては、「今朝、彼と試合中のシチュエーションについて、話をしたんだ。私は彼にシンプルにプレーしてくれと言ったが、彼はそれをしなかった。あのようなミスをしてはいけないと理解する必要がある」と説明した。

最終更新:9/26(月) 10:02

ゲキサカ