ここから本文です

BMW「3シリーズ」に1.5リッター3気筒エンジンを搭載したエントリーモデルが登場…409万円から

オートックワン 9/26(月) 13:04配信

ビー・エム・ダブリューは、3シリーズの新たなエントリーモデルとして、新世代のBMWツインパワーターボエンジン搭載モデルとなる「318i セダン/ツーリング」をラインナップに追加し、10月1日(土)より販売を開始する。価格(消費税込)は409万円~ 511万円。

このニュースのフォトギャラリー

1975年に初代モデルが登場した3シリーズは、後輪駆動方式や、ドライバーとクルマとが一体となる約50対50の理想的な前後重量配分などにより、BMWならではの「駆けぬける歓び」を凝縮したモデルとして長年プレミアムスポーツセダンのセグメントにおいて世界的なベンチマークとされてきた。

第6世代目となる現行3シリーズは、高効率4気筒および6気筒ガソリンエンジンモデルに加え、クリーンディーゼルモデル、プラグインハイブリッドモデルと、「駆けぬける歓び」と高い環境性能をより高次元で提供する革新的なパワートレインを提案。

そして、今回発表された「318iセダン/ツーリング」は、BMW EfficientDynamicsの理念を追求したBMWグループの新しいエンジンファミリーに属する新世代モジュラーエンジンである1.5リッター直列3気筒BMWツインパワーターボガソリンエンジンを搭載する。

「318iセダン/ツーリング」は、BMW EfficientDynamicsの理念を追求したBMWグループの新しいエンジンファミリーに属する新世代モジュラーエンジンである1.5リッター直列3気筒BMWツインパワーターボガソリンエンジンを搭載する。

また、エンジン本体が極めてコンパクトかつ軽量で、バランサーシャフトを備えた軽やかな吹け上がりと自然なレスポンス、スポーティなエンジンサウンドに加え、軽快かつ意のままに車を操る愉しさを提供する一方で、燃料消費率(JC08モード)は、17.2km/Lの低燃費を実現している。これにより、「平成32年度燃費基準」および「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成し、エコカー減税の減税率は、自動車取得税で60%、重量税が50%減税、翌年度の自動車税も75%減税となる。

装備面においては、夜間や日中の悪天候の中でも優れた視認性を提供する「LEDヘッドライト」、「LEDフォグランプ(フロント&リア)」に加え、万が一の事故発生時に、車両の通信機能を介してコールセンターに接続し、救急や消防といった機関を早急に手配することが可能な「BMW SOSコール」等の先進の通信技術、3年間にわたり主要項目のメインテナンスなどを無償提供するメインテナンスパッケージ「BMWサービスインクルーシブ」を全車標準装備するとともに、歩行者検知機能付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車線の逸脱をドライバーに警告する「レーンディパーチャーウォーニング」、車線変更をサポートする「レーンチェンジウォーニング」といった先進の安全装備品が充実している。

最終更新:9/26(月) 13:04

オートックワン