ここから本文です

【RIZIN】4連勝の村田夏南子「極めきれずモヤモヤ」

イーファイト 9/27(火) 7:10配信

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント』の一夜明け会見が、26日(月)千葉県内にて行われた。

【フォト】「生きるか死ぬか」の覚悟を持って試合に挑んだと語るギャビ・ガルシア

 RIZIN第3戦目をともに勝利で飾った村田夏南子(フリー)とギャビ・ガルシア(ブラジル)が試合を振り返った。

 レスリング&柔術出身のキーラ・バタラ(アメリカ)を得意のタックルと組み技で終始攻め立て、判定勝ちを収めた村田。試合ではたびたび桜庭和志直伝のアームロックを狙う場面が見られたが、「勝った喜びよりも、極めきれなかったモヤモヤが一夜経っても残っています」と、一本勝ちを逃した悔しさを隠せない。

 MMAプロデビューから4連勝を飾っているが、それでも「今後、しっかり修正していきたいと思います」と、村田はさらなる飛躍を誓った。

 一方、「死ぬか生きるかの思いで挑みました」と、かなりの覚悟を持って大会に臨んだことを明かしたギャビ。第1試合に登場すると、元プロフットボーラーのデスティニー・ヤーブロー(アメリカ)から一本勝ちを収め、トップバッターとしての役目を果たした。

 デビューから判定決着なしの連勝を飾っているが、「第1戦目と第2戦目の戦いぶりはアグレッシブさに欠けてしまったこともあり、かなり批判を浴びました」と葛藤があった様子。「今回は勇気を持って攻めたので、試合後に賞賛の声を受けることが出来ました。次の相手はまだ誰になるか分かりませんが、今回のような気持ちでまた勝利を目指します」と早くも次の戦いを見据えていた。

最終更新:9/27(火) 7:10

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。