ここから本文です

伊達公子が離婚発表「別々の道を進むことを決めました」

東スポWeb 9/27(火) 0:49配信

 プロテニスプレーヤーの伊達公子(45)が27日未明、自身のブログを更新し、夫でドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルム(46)と26日に離婚したことを明らかにした。

 伊達は「2016年9月26日にMikeことMichael Krummと離婚したことをご報告させていただきます」と明かすと、「2001年12月1日に結婚し、その1年前から2人での生活を始めていたので約16年間を共に過ごしてきました。2人で長い時間をかけて話し合い、これからは別々の道を進むことを決めました」とつづった。

 続けて「16年間共に過ごしてきた中で、2人の人生に変化が出てきたことにいつしか気づき、この先のまだまだ長い人生を考えると、別々の道を歩むことがいいのではないかという結論に至ったのです」と理由を説明。1996年に現役を退いた伊達は01年にクルムと結婚したが、08年に現役復帰したことで、2人の生活にすれ違いが生じたようだ。

 ただし、互いの立場をよく理解し合っているようで「今でも2人の関係はよく、今年は2人とも東京にいる時間が多いので、共に生活をし、食事も一緒にして過ごしていました。離婚をしたこれからもその関係は大きく変わることはなく、友達として会うこともあるでしょう」という。 

 最後は「16年間の時間はやはり短いものではなく、寂しさは当然感じますが、お互いがHappyでより良い人生を送るための決断です。これまで多くの方々に2人をサポートしていただきました。残念な形での報告にはなりますが、今後も2人を見守っていただければと思います」と結んだ。

最終更新:9/27(火) 0:49

東スポWeb