ここから本文です

[データ]白物家電の2016年8月国内出荷金額は前年割れ、台風などの天候不順が影響

BCN 9/27(火) 10:36配信

[データ]白物家電の2016年8月国内出荷金額は前年割れ、台風などの天候不順が影響

エアコン、冷蔵庫などの主要製品の不振が響き、今年8月の国内出荷金額は前年同月比95.8%にとどまった

 日本電機工業会(JEMA)は9月26日、調理家電・生活家電・理美容関連機器などの白物家電の2016年8月度の国内出荷実績を発表した。国内出荷金額は前年同月比95.8%の1785億円で、2か月ぶりにマイナスとなった。エアコンや冷蔵庫などの主要製品が不振だったためで、8月は全国的に気温が高かったものの、台風などの天候不順が影響したと分析する。

 製品別の国内出荷金額をみると、冷蔵庫は411億円(前年比94.0%)、ルームエアコンは519億円(同87.7%)にとどまり、ともに2か月ぶりのマイナスとなる一方、洗濯機は252億円(同108.1%)で、2か月連続のプラスとなった。今年4月からの累計でみると、全体では前年同期比101.8%となり、前年を上回る水準を維持している。

 出荷台数では、エアコン、冷蔵庫、掃除機、ジャー炊飯器は前年を下回ってマイナスだった。エアコンは7月の好調から一転、前年比88.2%と、不振だった。掃除機は、4か月連続でマイナスが続いている。電子レンジは、「単機能レンジ」が前年比114.1%と伸び、4か月ぶりにプラスに転じた。

最終更新:9/27(火) 10:36

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。