ここから本文です

Ty$がウィズ・カリファ、フューチャー、トレイ・ソングスら参加の新作を発売

bmr.jp 9/27(火) 0:00配信

Ty$がウィズ・カリファ、フューチャー、トレイ・ソングスら参加の新作を発売

Ty$がウィズ・カリファ、フューチャー、トレイ・ソングスら参加の新作を発売

カニエ・ウェスト、R.ケリーなど多くのアーティストからゲスト参加のオファーが絶えず、引っ張りだことなっている31歳シンガー/ラッパー/プロデューサー、タイ・ダラー・サインが、新たなミックステープ『Campaign』を発表した。

“Fantastic Voyage”などのヒットで知られる80年代のファンク・バンド=レイクサイドのセッション・ミュージシャンだったことでも知られるタイローン・グリフィンを父に持つことでも知られるタイ・ダラー・サインは、ウィズ・カリファ&スヌープ・ドッグの2011年ヒット“Young, Wild & Free”、クリス・ブラウンの2014年ヒット“Loyal”、リアーナがカニエ・ウェスト、ポール・マッカートニーと組んで発表し、昨年全米チャート最高4位のヒットとなった“FourFiveSeconds”などのソングライターであり、自身の作品を含め、YGやトレイ・ソングスらの楽曲のプロデュースも務めてきた。

一方で歌とラップが入り混じるそのボーカルでも注目を集め、カニエ・ウェストの最新作『The Life Of Pablo』で“Fade”などにボーカルとして参加したほか、数々のアーティストからゲスト参加のオファーが殺到。中でも今年、フィフス・ハーモニーの“Work From Home”は全米チャート最高4位の大ヒットとなり、双方にとって過去最高位を記録した。また最近も、映画『スーサイド・スクワッド』のサウンドトラックのために制作された、リル・ウェイン、ウィズ・カリファ、ロジック、イマジン・ドラゴンズ、エックス・アンバサダーズらとのコラボレーション曲“Sucker For Pain”に参加、全米チャート最高15位まで上昇した。

昨年末には、売れっ子らしく豪華アーティストが大量に参加したデビュー・アルバム『Free TC』をリリースし、米R&B/ヒップホップ・チャートで初登場4位を記録。だが早くも、このデビュー・アルバムから1年と経たずに次なる作品を発表した。9月23日に発売となった『Campaign』はミックステープという位置づけだが、『Free TC』同様に所属するメジャー・レーベル Atlantic Recordsからのデジタル発売となっている。

全16曲というこのミックステープのゲスト・アーティストには、ウィズ・カリファ、フューチャー、トラヴィス・スコット、ミーク・ミル、ミーゴスといったラッパー勢に、レーベルメイトでもあるR&Bシンガーのトレイ・ソングスやアトランタの新人R&Bシンガー、24hrs、さらには収監中の弟TCの名前も。また制作陣も、自らが一員でるD.R.U.G.$.や盟友DJマスタードを始め、ヒット・ボーイ、ゼイトーヴェン、アレン・リッター、チャーリー・ヒート、フランク・デュークスといった面々が顔を揃える。“Stealing”には、“Dreams”で共演済となる新進女性シンガー・ソングライター/ラッパーのティッシュ・ハイマンも関わっているようだ。

1. $Intro
2. $
3. Campaign (feat. Future)
4. ??? (Where) [feat. Migos]
5. 3 Wayz (feat. Travis Scott)
6. Juice
7. Zaddy
8. Hello
9. R&B
10. Stealing
11. Clean
12. My Song (feat. 24hrs)
13. Pu$$y (feat. Trey Songz & Wiz Khalifa)
14. No Justice (feat. Big TC)
15. Watching (feat. Meek Mill)
16. Campaign (feat. Future) [Charlie Heat Remix]

最終更新:9/27(火) 0:00

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]