ここから本文です

金メダリスト萩野の不安はアソコの痛み…右肘手術で尿道に管「全身全霊耐える」

デイリースポーツ 9/27(火) 5:00配信

 競泳のリオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(22)=東洋大=が26日、都内で行われた日本水泳連盟主催の五輪報告会に出席した。

 プールとは別の戦いで歯を食いしばる。昨年骨折した右肘の手術を28日に受ける萩野は「骨をきれいにするだけ」と前向きな様子。ただ、全身麻酔で力が入らなくなるため、失禁対策でオペ中は尿道に管を差し込まなければならず、「抜くときにめちゃくちゃ痛いらしい」と戦々恐々。「全身全霊を懸けて股間の痛みを耐え抜きたい」。日々の練習同様、覚悟を持って臨む。

 これも4年後の東京五輪へ万全を期すため。水中練習は術後1カ月で再開できる見込みで、実戦復帰は未定だが、「(来夏の)世界選手権に出ないことは考えられない」と萩野。代表選考会を兼ねた来年4月の日本選手権までの復帰を目指す。

最終更新:9/27(火) 5:00

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革