ここから本文です

TAKURO(GLAY)がソロプロジェクトを始動!プロデューサーはB'z松本孝弘

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/27(火) 4:07配信

GLAYのリーダーでありギタリスト/メインコンポーザーを務めるTAKUROが、満を持して初のソロプロジェクトを始動。

B’zの松本孝弘をプロデューサーに迎え、ロサンゼルス在住のトップミュージシャンとレコーディングを敢行した初ソロアルバム『Journey without a map』を12月14日にリリースする。

アルバムはジャズ、ブルースを基調としたインスト作品となり、一音一音こだわり抜いて制作。TAKUROは自身が所有する3台のギブソンレスポールのビンテージギターをプレイ。GLAYとは一線を画する、ギタリストTAKUROとしての魅力が詰まっており、タイトルどおりTAKUROの“地図なき音の旅”を楽しめる一枚となっている。

CD+DVD盤に付属されるDVDには、今回のアルバムに至るまでのTAKUROのギタリストとしての軌跡を描いたドキュメンタリーを収録予定。また、CDに加えアナログ盤もリリースされる。

さらに、2017年2月には全国9ヵ所全15公演をまわるワンマンツアー『Journey without a map 2017』も開催される。

TAKURO(GLAY)コメント
ギターに詩を読ませるがごとく、ギターで弾くメロディの中に、様々な情景や感情が浮かぶような作品にしたいと思っていました。
シンプルなラインに、じっくりギターで表情をつけることを念頭においてレコーディングを進めていました。
GLAYとはずいぶん違う音楽に聴こえますが、これもまた僕自身素直に浮かんだ音楽なので、ギターアルバムは続けて作りたいと思っています。
『Journey without a map』はギターを弾くのが大好きな男が、気ままに小さなバーで毎週末弾いている……そんな自分を想像しながら作ったアルバムです。
ひと息つきたいときに、お酒でも飲みながら聴いていただけるとうれしいです。

TAKURO

B’z 松本孝弘コメント
長年に渡る友情を、このように音楽として共に形にできたことをとてもうれしく思います。
GLAYのイメージとは違う、彼本来の穏やかな人柄から生まれたメロディ、ギタリストとして今なお進化しようと努める彼の姿勢がこの作品には網羅されています。
音楽を愛し、ギターを愛する者同士が、互いにリスペクトし合い創り上げたこの作品から、きっと感じていただける何かがあると信じています。

Tak Matsumoto

リリース情報
2016.12.14 ON SALE
ALBUM『Journey without a map』

ライブ情報
Journey without a map 2017
2017年
02/02(木)東京・ステラボール
02/03(金)東京・ステラボール
02/06(月)愛知・Zepp Nagoya
02/07(火)大阪・Zepp Namba
02/09(木)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
02/10(金)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
02/13(月)福岡・イズムホール
02/14(火)福岡・イズムホール
02/18(土)北海道・金森ホール(函館)
02/19(日)北海道・金森ホール(函館)
02/21(火)北海道・Zepp Sapporo
02/23(木)宮城・チームスマイル・仙台PIT
02/24(金)宮城・チームスマイル・仙台PIT
02/27(月)東京・Zepp Tokyo
02/28(火)東京・Zepp Tokyo

GLAY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glay.co.jp/

最終更新:9/27(火) 4:07

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]