ここから本文です

創業30年のEC物流に潜入! ファッション通販らの支持を集めるオーティーエスの裏側

ネットショップ担当者フォーラム 9/27(火) 9:06配信

ファッションビジネス・サポーターとしてアパレル企業から評価を得ているオーティーエス。取扱商材は衣類のほか、ジュエリーやファッション小物といった商材まで幅広くサポートする。1986年創業のオーティーエスがEC物流に本格参入したのは2004年。ブランド価値・企業価値の向上が重要なファッションECの要望に応えるため、高価値を提供する物流体制を構築している。

徹底した品質管理体制を構築

物流センターは東京都江戸川区、江東区に5か所。ファッション企業の本社が多い渋谷、表参道エリアから電車で30~40分という、アクセスの良い立地にある。4センターにX線検針機、補修・修理、裾直し作業対応が可能なミシンを完備。ファッション向けに特化した物流センターとなっている。

事業内容には「ファッション物流に関する一切の業務」と明記し。ファッション物流(仕入れ前から販売後といったバリューチェーン)を30年もの間で培った経験・ノウハウでサポートする。

オーティーエスの「品質管理」は、次のような体制を採用しているのが特徴。

□ 「品質管理」を上げるための工程分け

1. 仕入れ前
2. 販売前
3. 販売中
4. 販売後

□ 「品質管理」を上げるための商品ステイタス

1. サンプル品
2. バルク品
3. 店頭品
4. 顧客品
5. 不良品

と細分化。クライアント企業が仕入先への品質改善交渉を行う際のサポート(QCレポート作成)まで行える体制を採用している。

また、倉庫内にはジュエリーの修理対応が行える特殊工房を完備。洋服の修繕作業や裾・丈直しが行えるミシンも保有している。

外部の修理業者に依頼せずに倉庫内で業務を完結する体制を整え、クライアントのファッションEC企業にリードタイム短縮というメリットを提供している。

売りたい企業と買いたい企業をつなぐ「カイテン倉庫」

オーティーエスがここ数年、力を入れて取り組んでいるの在庫の流動化を目的とした「カイテン倉庫」サービス。

ファッション企業だけでなく、EC事業者すべてに当てはまる、「商品が売れない」→「「在庫が増える」→「セールの多発」→「物流コストUP~キャッシュフローの悪化」→「経営状態の悪化」という負のサイクルに陥ってしまうと、そこから抜け出すには相当の時間が必要だ。

そうなる前に正のサイクルに軌道修正を行うためのサポートをオーディーエスが手がける。具体的には、次のようなアクションを行う。

1. アウトレットECとの在庫一元化~各モール間をデータ連携し、販売機会ロスの削減・物流費カット
2. ストック品の買取サービス~ストック販売の専門企業とのコラボによる在庫買取サービス(ブランド価値を毀損せず現金化を実現)
3. クローズSALEの開催・運用~倉庫を利用して従業員や会員向けのクローズSALE開催(オーディーエスには従業員が700名程在籍)
4. 海外チャネルでの販売&越境EC~海外ECの多言語対応含め、出店から販売までをトータル的にサポート

こうした物流業務を仕切っていのが執行役員マーケティング部長の小橋重信氏。

“>>>
「カイテン倉庫」はさまざまな販売チャネルを利用し、クライアント企業の在庫の流動化を促進するサービス。クライアント企業とのより良い関係性構築が、長期契約、物流費正常化、無駄なコスト競争からの脱却につながり、Win-Winの関係性が築けるのではないかと思っている。
<<<”

最終更新:9/27(火) 9:06

ネットショップ担当者フォーラム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]