ここから本文です

韓国の鉄道・地下鉄 スト突入=政府は厳正対応方針

聯合ニュース 9/27(火) 8:41配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の全国鉄道労働組合、ソウルメトロ労働組合、ソウル地下鉄労働組合、釜山地下鉄労働組合など、全国の鉄道・地下鉄の労働組合が27日、一斉にストライキに突入した。

 韓国政府が推進する成果年俸制の導入などに反対し韓国の労働組合の2大全国組織、韓国労働組合総連盟(韓国労総)と全国民主労働組合総連盟(民主労総)が行うストに賛同する形で実施する。鉄道・地下鉄の労組が共同でストを行うのは22年ぶり。

 ストが実施されても、高速鉄道(KTX)や首都圏の電車は通常と同じ本数で運行される。

 セマウル号やムグンファ号など一般列車の運行本数は通常の6割程度にとどまる。

 貨物列車の運行本数は通常の3割程度に減り、ストが長期化すれば物流に影響が出る恐れもある。

 ソウルの地下鉄1~8号線も27日からストに入るが、通勤・帰宅時間帯の運行本数は通常と同程度を維持する。昼間の運行本数は若干減る見込みだ。

 釜山地下鉄労組も同日ストを行う。

 政府はストに厳正に対応する方針を示している。国土交通部の姜鎬人(カン・ホイン)長官は前日、「国民に不便を強いる違法なストはいかなる場合にも容認し難い」としながら、ストの計画を撤回し持ち場に戻るよう求めた。

 全国公共運輸労組は対話の扉を開いておくとしながらも、「ストが長期化するかどうかは政府がどれほど前向きな態度を取るかにかかっている」と述べた。

最終更新:9/27(火) 8:44

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]