ここから本文です

台風17号 台湾本島のほぼ全域が強風域に 午後にも東部上陸

中央社フォーカス台湾 9/27(火) 13:05配信

(台北 27日 中央社)中度台風(台湾基準)台風17号の接近により、台湾本島は27日午前11時現在、ほぼ全域が風速13.9メートル以上の強風域に入った。同日午後から夕方にかけて東部・花蓮と台東の境界付近に上陸する見込み。東部や北部の山間部では大雨に見舞われており、同日の降水量は午前12時50分現在、多い所で、太平山(宜蘭県)634.0ミリ、尖石小(新竹県)369.0ミリ、内湾小(同)313.5ミリなどとなっている。

台風17号は27日午前11時現在、花蓮の東南東約110キロの海上にあって、時速23キロから14キロに速度を緩めながら西から西北西に向きを変えて進んでいる。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。

各地では風雨が強まっており、花蓮では26日夜から27日午前にかけて風速28.5メートル以上を観測。今後風速37.0~46.1メートルに達する可能性もあると予想されている。その他の地域では最大風速20.8~28.4メートルになる見込み。

▽交通機関に乱れ

台風17号の影響で、台湾各地の交通に乱れが出ている。

台湾鉄路(台鉄)は西部幹線(基隆-潮州間)の各駅停車(区間車)が状況を見ながら運行する以外は全て運休。台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)は終日運休。

空の便は国内線が全便欠航。国際線も欠航が相次いでいる。桃園国際空港(桃園市)発着の旅客機は出発108、到着109の計217便が欠航。出発32、到着64の計96便が遅延した。

▽各地で停電

台湾電力によると、台風17号の影響により、台湾全土で13万300戸が停電した。午前10時18分現在、7万7786戸が復旧したが、5万2514戸は停電したまま。地域別では、台中市が最多で1万2900戸余り。雲林県は9173戸、花蓮県は6960戸となっている。

(汪淑芬、蔡怡杼/編集:名切千絵)

最終更新:9/27(火) 13:05

中央社フォーカス台湾