ここから本文です

【ZST】RIZIN出場へ師匠から愛のムチ、王者・伊藤盛一郎が試練の2連戦

イーファイト 9/27(火) 16:51配信

 9月27日(火)都内にて開かれた記者会見で、大みそかのRIZIN出場を目標に掲げるZSTフライ級王者・伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム)が、11月に試練の2連戦を迎えることが発表された。

【フォト】RIZINの榊原信行CEOに年末のRIZIN出場を直訴する伊藤

 まず、11月3日(木・祝)東京・ディファ有明にて開催の『GRANDSLAM5 -WAY OF THE CAGE-』で、修斗世界バンタム級3位・内藤頌貴(ないとう・のぶたか/パラエストラ松戸)とMMA(総合格闘技)ルールで激突。続く27日(日)同所にて開催の『ZST.54 ~旗揚げ14周年記念大会~』で、ZSTバンタム級タイトルマッチ経験者である上田貴央(パラエストラTB/GSA)とGT(グラップリング)ルールで対戦する。

 この日の会見には伊藤と上田、そしてZST運営委員会の執行委員で、伊藤が所属するリバーサルジム横浜グランドスラムの勝村周一朗代表が出席した。

 伊藤の師匠である勝村代表は「ジムの代表、GRANDSLAMプロデューサーの立場、ZST執行委員として、伊藤をバックアップしたい。11月に連戦をさせて、RIZIN出場のアピールになればと思います」と連戦の狙いを説明。27日の2戦目がGTルールでの試合になることについては、「年末までの日程、試合のダメージ、練習状況を考慮すると、MMAの試合は厳しい」とした。

 しかし、バックアップとは言っても相手はZSTと修斗のトップファイター。勝村代表は「強くて、しんどいと思える厳しい相手を選びました。ここで負けるようでは、結局そこまでの実力であったということ」と、伊藤への試練であることを伝えた。

 さらに、対戦相手の上田も「前回は4年前にMMAルールで戦い、スプリット判定で敗れていますが、今回のGTルールは間違いなく僕の方が上。しかも階級は、僕が少し前まで戦っていたバンタム級(61.2kg以下)に合わせるので、体格的にも間違いなく僕の方が有利」とリベンジに燃えており、王者の行く先を阻む。

 師の言葉を受けた伊藤は「ZSTの王者として負けは許されない。自信あります。ここでやらないと一生後悔します。死ぬ気で練習頑張ります」と覚悟を口に。そして、上田に対しては「最近の2試合はKO負けでダメージが心配なので、優しく極めてあげたいですね」と完勝を予告した。

 前回8月大会で伊藤は勝利後、リング上から観戦に訪れていたRIZINの榊原信行CEOにマイクでRIZIN出場を直訴。後日、榊原CEOが自身のSNSを通じ、「素晴らしい一本勝ちをした伊藤選手から試合後にRIZIN出場へのラブコールをもらいました。今日の様な闘いをこれからも観せてくれれば、是非前向きに考えさせてもらいたいです」と応えている。

 伊藤は11月の試練を乗り越え、悲願の大みそかRIZIN参戦を果たすことが出来るのか。

最終更新:9/27(火) 16:51

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。