ここから本文です

飯田里穂、TVアニメ『デジモンユニバース アプリモンスターズ』EDテーマ楽曲発売決定!

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/27(火) 10:13配信

先月28日に「アニサマ2016-刻-」に出演し、大きな話題を呼んだ飯田里穂。
10月1日から放送開始のデジモンシリーズ最新作『アプリモンスターズ』EDテーマとなる新曲の発売日など詳細が発表となった。

12月14日に発売となる3枚目のシングルのタイトルは、「青い炎シンドローム」。
作曲は筒美京平氏、作詩は桜井秀俊氏(真心ブラザーズ)と、豪華な作家陣となっている。

今回の作品に対し飯田は
「デジモンは私が幼いころ夢中になったアニメでもあり、その中で使われていた楽曲も、私たちの年代で知らない人はいない名曲揃いでした。
そんなデジモンの最新作にEDテーマという形で参加することが出来て…本当にうれしいです!
また今回の楽曲は、日本を代表する皆様に作って頂きました。それを飯田里穂として歌わせて頂くことをとても光栄に思っています。
この曲を時代を経ても口ずさんでもらえるような作品にできるよう、大事に育てていきたいと思います。」
とコメントしており、作詩を担当した桜井氏も、
「筒美京平さんの横綱メロディ、soundbreakersさんの天才サウンド、そして飯田里穂さんの天使ボイス!東洋最強のトライアングルに飛び込む喜びときたらもう...。
ミュージシャン冥利につきるひとときでした。青い炎メラメラで誕生した曲です。どうぞ皆さま、とくとご堪能あれ!」とコメントが届いている。

初回盤ABにはそれぞれ2016年4月16日に赤坂BLITZで開催された「tour of KISS 3」のライブ映像DVDが前編後編に分かれて封入となり、初回盤Cには、MVやオフショットなどを収録したDVDが封入され、通常盤はCDのみと、全4形態となっている。

11月からは、ソロツアー 飯田里穂 tour 「rippi-echolic」を東京・名古屋・大阪の3都市での開催予定。すでに東京公演は完売になっており、来年1月29日にZepp DiverCityにて追加公演を行う予定だ。

●作品情報
『デジモンユニバース アプリモンスターズ』
10月1日からテレビ東京系6局ネットにて 毎週土曜あさ7時から放送スタート!

●リリース情報
「青い炎シンドローム」
12月14日発売

【初回限定盤A(CD+DVD)】
品番:TKCA-74455
価格:¥2,315+税
<DVD>
「tour of KSS3」@赤坂BLITZ 2016.04.16ライブ前編

【初回限定盤B(CD+DVD)】
品番:TKCA-74456
価格:¥2,315+税
<DVD>
「tour of KSS3」@赤坂BLITZ 2016.04.16ライブ後編

【初回限定盤C(CD+DVD)】
品番:TKCA-74457
価格:¥1,389+税
<DVD>
「青い炎シンドローム」(Music Video)+メイキング映像

<CD>初回盤3形態共通
M1.青い炎シンドローム
M2.タイトル未定
M3.青い炎シンドローム(inst.)
M4.タイトル未定(inst.)

【通常盤(CD)】
品番:TKCA-74458
価格:¥1,111+税

<CD>
M1.青い炎シンドローム
M2.タイトル未定
M3.青い炎シンドローム(外国語ver.)
M4.青い炎シンドローム(inst.)
M5.タイトル未定(inst.)
M6.青い炎シンドローム(外国語ver.inst.)

●ライブ情報
飯田里穂 tour 「rippi-echolic」

11月19日(土) 【愛知】名古屋ボトムライン
開場 13:30/開演 14:00
開場 17:30/開演 18:00
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

12月4日(日) 【東京】日本橋三井ホール ⇒ SOLD OUT
開場 14:30/開演 15:00
開場 18:00/開演 18:30
(問)KMミュージック 045-201-9999

12月29日(木) 【大阪】UMEDA AKASO
開場 13:30/開演 14:00
開場 17:30/開演 18:00
(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400

2017年1月29日(日)【東京】Zepp DiverCity ※追加公演
開場 13:15/開演 14:00
開場 17:15/開演 18:00
(問)KMミュージック 045-201-9999

最終更新:9/27(火) 12:32

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]