ここから本文です

【シンガポール】スクート新千歳便、観光・物流の拡大に期待

NNA 9/27(火) 8:30配信

 シンガポール航空(SIA)傘下の格安航空会社(LCC)スクートが10月1日、シンガポールのチャンギ空港と北海道の新千歳空港を結ぶ定期便を就航する。これに先立ち26日、記念セレモニーが東京都内で行われ、関係者は2国間の旅客数の増加や貿易拡大に期待を寄せた。
 新千歳便は台湾・台北を経由し、火・木・土曜の週3往復運航する。使用機材ボーイング787の座席数は335席、10トンの貨物が搭載できる。日本貿易振興機構(JETRO)によると、北海道の農林水産物を月100トン以上、シンガポールに輸出できるようになる。チャンギ空港のハブ機能を活用し、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域やインド、中東への輸出も見込まれ、物流機能の向上が予想される。
 JETROの佐藤百合理事はセレモニーで「いかに魅力的なものを積み込んで、スクートの新千歳便運航を成功させるかが重要。さまざまなネットワークを駆使して支援したい」と述べた。
 ジョセフィン・テオ上級国務相(首相府・外務・運輸担当)は「2国間のパートナーシップ、人と人とのつながりが強固になる」と話した。シンガポールでの日本食の人気の高さに触れ、新鮮な海産物が届くのを待ち望んでいるシンガポール人は多いと期待した。
 スクートのリー・リクシン最高経営責任者(CEO)は、北海道はシンガポール人と台湾人にとって人気の観光地だと紹介し、「玄関口となる新千歳便の就航によって北海道の観光が加速する」との見通しを示した。
 セレモニーは、2国間の外交関係樹立50周年行事の一環で、JETROとシンガポール国際企業庁などが主催した。

最終更新:9/27(火) 8:30

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。