ここから本文です

映画かよっ!イランの路上にゾンビ4体? 警察が緊急出動、ガス工事が招いた珍事

withnews 9/29(木) 7:00配信

 ゾンビが道路に現れた!? 中東イランでそんな騒ぎがありました。大雨の後の工事現場に4体の遺体が出現。警察が緊急出動する事態になりました。まるで映画のようなこの展開、一体、何が起きたのでしょう? 調べてみると、イスラムならではの埋葬が関係していました。

【画像】ゾンビ騒動があった路上 イランの田舎町が騒然!

警察が緊急出動 町は騒然

 カスピ海に面したイラン北部の静かな町、ラムサール。水鳥などがすむ湿地の環境を守るための国際条約、「ラムサール条約」が1971年に採択されたことでも知られています。

 イラン学生通信(その名の通りイラン全土の学生が運営する通信社)が9月7日に報じたところでは、路上に4体の遺体が転がっているのが見つかりました。警察が緊急出動して道路を封鎖、人口約3万3千人の町は騒然となったそうです。

 道路は高台に接しており、道路脇は高さ約2・5メートルの斜面。上は墓地になっていました。

ガス管工事が原因でした

 このエシュコンク墓地を管理するイブラヒム・アジズプールさんによると、現場付近ではガス管の工事をしており、地面を採掘中でした。

 さらに、道路が冠水するような激しい雨が一昼夜にわたって降り続け、崖崩れが発生。地中に埋められていた遺体もろとも流れ出たというのが真相だそうです。

白い布に包んで土に イスラムならではの埋葬

 イランをはじめ、イスラム教を信じる国々では、遺体を土葬します。これはキリスト教の国々でも同じです。神による最後の審判で、死者は復活すると考えられているからです。

 イランの場合、地面に埋められた遺体は故人の名前や遺影などを刻んだ墓石で覆われることが多く、多少の雨で崩れることはありません。

 ただ、今回は崖崩れで墓の側面が削れたため、遺体が流出してしまったとのこと。また、イスラム教では一般に棺おけを使わず、白い布に包むだけで埋葬するので、そのままの形で出てきてしまったようです。なお、死後1年に満たない遺体もあったといいます。

 なお、イランでは毎週木曜と金曜が墓参りの日となっており、死者をしのぶ人の姿が多く見られます。命日やイランの正月(日本の春分の日)には、特に多くの人がお墓を訪れます。

最終更新:9/29(木) 7:00

withnews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。