ここから本文です

全日空商事、訪日客に地図付きクーポン 空港で配付

Aviation Wire 9/27(火) 15:01配信

 ANAホールディングス(9202)傘下の全日空商事は11月に、中華圏からの訪日客向けに地図付きのクーポンを創刊する。同社が展開する情報発信メディア「ANA EXPERIENCE JAPAN」と、アジア向けマーケティングを展開するインフィニティ・コミュニケーションズ(東京・渋谷)との共同企画。

 「優恵(クーポン)の護照(パスポート)」で、創刊号は東京版を中国語(繁体字)で用意。都心の全体図のほか、新宿や銀座、浅草、秋葉原など、訪日客に人気の高いエリアの詳細マップを記載した。地図の周りには、空港内や店舗で利用できるクーポンを掲載した。東京版には横浜・みなとみらい地区の情報も掲出する。

 A2版(タテ420ミリ×ヨコ594ミリ)の両面印刷で、折った状態で配付する。台北の桃園空港と松山空港などのANAカウンターのほか、台湾と香港、中国の旅行代理店、都内ホテル、観光案内所などで、11月末から提供する。発行部数は10万部。

 今後はエリアや対象言語を拡大し、地方自治体への展開も予定する。

 インフィニティ社は、地図やクーポン付き店舗情報などを掲載した中国語のフリーペーパー「導遊図シリーズ」を発行している。

 今回の共同企画では、ANAグループの空港導線と導遊図の設置個所を活用することで、訪日客や、訪日客にアプローチを検討する企業への需要を喚起する。

Yusuke KOHASE

最終更新:9/27(火) 15:01

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。