ここから本文です

西銘駿、仮面ライダーの次はシェフに! 「コック警部の晩餐会」

cinemacafe.net 9/27(火) 12:11配信

連続ドラマ初主演となる柄本佑を迎えて贈る10月期放送の新ドラマ「コック警部の晩餐会」。この度、新たなキャストとして「仮面ライダーゴースト」の主役を射止めた注目の若手イケメン俳優・西銘駿の出演が明らかになった。

【画像】「コック警部の晩餐会」キャスト陣

とある店でラーメンを食していた古久警部(柄本佑)は、新人刑事・あずみ(小島瑠璃子)から事件が発生したと呼び出される。元人気No.1女優が自宅マンションから転落死したというのだ。担当マネジャーの「転落する直前に電話で遺言を言われた」という証言から、猫田刑事(えなりかずき)は自殺だと主張。だが、現場検証が行われる中、テーブルの上に残されたラーメン丼を見つけた古久は、マイ箸とマイスプーンで中に残されたスープと麺を味わうと、あることに気づき「この事件、私が料理しましょう」と現場を後にする。被害者が最後に食べていた物が“長崎ちゃんぽん”だと気付いた古久は、とある容疑者を探し出す。その容疑者とあずみ・猫田・一条刑事部長(藤真利子)を晩餐会に招待。そこで再現された長崎ちゃんぽんから事件の真実が明らかになる! 果たして、古久が料理から見つけ出した真実とは――!?

本ドラマは、料理の腕前がプロ級の名刑事、柄本さん演じる“コック警部”こと古久星三が、容疑者たちを晩餐会に招き犯人をあぶり出すミステリーコメディドラマ。彼の捜査方針は“料理はウソをつかない”。その一風変わった独自の理論でマイペースに捜査を進めていくのだ。また、コック警部とコンビを組む新人刑事の七瀬あずみ役には小島瑠璃子。コック警部を目の敵にしている刑事・猫田典雄役にはえなりかずきが演じる。

そんな個性的なキャラクターの中に加わるのが、若手俳優の西銘さん。彼は「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、そのわずか数か月後には「仮面ライダーゴースト」の主役を射止めたいま注目の若手俳優だ。本作がTBSドラマ初出演となる西銘さんが演じるのは、コック警部行きつけの創作料理店のシェフ・田部歩役。うるさいコック警部に毎度美味しい食事を提供し、ときには事件解決へのヒントとなる料理やうんちくを披露するため、気難しいコック警部が唯一気に入っている人物。

西銘さんは「シェフという、自分にとって全く新しいキャラクターに挑戦することがとても楽しみ」と話し、「1年間仮面ライダーの現場を経験できて、特撮以外の現場は今回が初めてなので、正直不安もありますが、いい作品になるよう全力で撮影に臨みたいと思います」と意気込んだ。

「コック警部の晩餐会」は10月19日より毎週水曜日深夜24時10分~TBSにて放送開始。

最終更新:9/27(火) 12:11

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]