ここから本文です

ブラマヨ小杉、「ルーク・ケイジ」の超絶キステクに興奮!「絶対真似しようと思った」

cinemacafe.net 9/27(火) 12:33配信

ネット映像配信サービスNetflixのオリジナル作品で、マーベルコミック原作のヒーロードラマ「ルーク・ケイジ」の配信開始を前に9月26日(月)、ブラックマヨネーズの小杉竜一、なだぎ武ら吉本興業のマーベル大好き芸人が集結! 熱いトークを繰り広げた。

【画像】イベントに参加した小杉竜一

同じくNetflix配信のマーベル作品「ジェシカ・ジョーンズ」にも登場する、人体改造によって超人的なパワーと銃弾をも跳ね返す鋼の肉体を持ったルーク・ケイジを主人公にした本作。ニューヨークのハーレムを舞台に、苦悩しつつも悪に立ち向かうルーク・ケイジの活躍を描き出す。

この日は、吉本のマーベル大好き芸人として、なだぎ武、竹若元博(バッファロー吾郎)、川谷修士(2丁拳銃)、玉城泰拙(セブンbyセブン)、おもしろ佐藤(御茶ノ水男子)が登場! さらに、知識は浅いながらもマーベル“愛”は誰にも負けないと自負するブラマヨの小杉さんも加わり、本作の魅力について語り合った。

小杉さん、なだぎさんら登壇陣は全員、ルーク・ケイジ同様に弾丸で穴の開いたTシャツ姿で登場! 小杉さんは「遠くから見たらよもぎ大福にしか見えない(苦笑)!」と自虐気味に語り笑いを誘う。佐藤さんと玉城さんに至っては、スキンヘッドのかつら(?)にサングラス、メイクまでルークを真似て登場。それぞれ、いかにマーベル好きかを自己紹介の段階で挟み込んでアピールしており、なだぎさんは「パスタの次に好き!」という意味不明ながらも熱い思いをアピールする。

川谷さんは本作について「マフィア映画のクールさが出ている」と画面に漂う独特の空気管に触れ、さらに鋼の肉体を持つルークだが、セクシーシーンでは「乳首は弱い!」と意外な弱点(?)まで指摘する。

竹若さんも負けじと、本作だけでなくNetflix配信の一連のマーベル作品を例に「街がしっかりと描かれているのが特徴。ハーレムの街、人、文化がしっかりと描かれる」と評論家顔負けの分析を展開!

また、ルーク・ケイジが「ヒーローになりたくないヒーロー」である点も本作の大きな特徴だが、なだぎさんは「静かに暮らしたいのに能力を持ってしまった男」と評し、佐藤さんも「そこに葛藤がある」とうなずく。小杉さんは、自身の頭髪の薄さを例に「気持ちはわかります。僕も、薄くなりたくてなったわけじゃないのに、人に出会うたびにいじられて、そのたびに反応を返さないといけない…」と存在するだけで“ネタ”となってしまう苦悩を告白し、ルーク・ケイジに理解を示す。一方で小杉さんは「でもルーク・ケイジはモテるんですよ!」と指摘。第1話でも描かれるセクシーシーンに触れ「あのキスは真似しようと思ったね!」と興奮気味に語り、なだぎさんも「激しいんだけど、ガッついてない!」とそのキステクに称賛を送っていた。

Netflixオリジナル「Marvel ルーク・ケイジ」は9月30日(金)より配信開始。

最終更新:9/27(火) 12:33

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]