ここから本文です

東京国際映画祭 台湾からは「クーリンチェ」など3作品が出品

中央社フォーカス台湾 9/27(火) 15:18配信

(東京 27日 中央社)東京都内で10月25日に開幕する「第29回東京国際映画祭」で、台湾映画3作品が上映されることが26日、分かった。エドワード・ヤン(楊徳昌)監督の「[牛古]嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」とチョン・モンホン(鍾孟宏)監督の「ゴッドスピード」(一路順風)がワールド・フォーカス部門に、ホウ・チーラン(侯季然)監督の「四十年」はアジアの未来部門に出品される。

「クーリンチェ」は1991年の日本初公開から25年を経て、デジタルリマスター版として新たに上映される。「ゴッドスピード」はチョン監督にとって「失魂」以来3年ぶりの新作。香港の喜劇俳優、マイケル・ホイ(許冠文)が主役を務める。「四十年」は台湾フォークの発展を描いた音楽ドキュメンタリー。歌手の物語に加え、歴史事件やヒット曲なども盛り込まれている。

映画祭は11月3日に閉幕。チケットは10月15日に発売される。

(楊明珠/編集:名切千絵)

最終更新:9/27(火) 15:18

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]